記事

コラムその他

東証、30年4カ月ぶりの高値 714円高、2万7568円

29日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸し、前日比714円12銭高の2万7568円15銭で取引を終えた。1990年8月以来、約30年4カ月ぶりの高値で、バブル経済期以来の水準を付けた。終値ベースで2万70 …

高校生向けの民間求人、2割減 宿泊・飲食は46%減

来春卒業予定の高校生を対象とした民間企業の10月末時点の求人数は、前年同期より20・7%減の約37万人だった。厚生労働省が8日、発表した。経済の厳しさを見据えてか、民間への就職希望者も約1割減っており、高校生の就職活動に …

ドコモ、新たな値下げ 格安ブランド創設

NTTドコモが携帯電話料金の新たな値下げを打ち出すことが30日、分かった。料金体系を見直して主力ブランドでの値下げに踏み切るとともに、格安ブランドも創設する。既に割安プランを発表したKDDIとソフトバンクよりも低価格なプ …

大学生の就職内定率69.8% 7.0ポイント減、コロナ影響

来春卒業予定で就職を希望する大学生の10月1日時点の内定率は前年同期比7.0ポイント減の69.8%で、リーマン・ショック後の2009年のマイナス7.4ポイントに次ぐ下落幅となったことが17日、文部科学、厚生労働両省の調査 …

東証で8カ月ぶりに新規上場の鐘 コロナ対策徹底し式典再開

東京証券取引所で16日、約8カ月半ぶりに鐘を打ち鳴らして新規上場を祝う式典が開かれた。新型コロナ拡大を受け、2月下旬を最後に取りやめになっていたが、参加者同士の距離を取るといった対策を徹底して再開した。 この日は、医療機 …

法人所得10年ぶり減少 コロナ影響か、下げ幅過去3番目 国税庁

国税庁は5日、2019年度に決算期を迎えた法人の申告所得額が18年度比11.4%減の65兆52億円だったと発表した。   10年ぶりの減少で、下げ幅は統計を取り始めた1967年以降、リーマンショックやバブル崩壊時に次いで …

「持続化給付金」の終了を提言 財務省の歳出改革部会

財務省は26日、有識者でつくる財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の歳出改革部会を開いた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で業績が悪化した中小企業などを支援する「持続化給付金」事業などについて、緊急時の支援策だとして延長 …

確定申告、押印廃止を検討 加藤官房長官

加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、確定申告などの税務手続きについて、押印廃止を検討する考えを明らかにした。   「納税者の利便性向上の観点に鑑み、財務省で見直しの検討が行われている」と語った。   国税通則法には、各 …

GoTo割引額 給付金追加で元通り要請へ

国の観光支援事業「GoToトラベル」で、一部の大手旅行予約サイトで旅行代金の割引額を縮小するなどの動きが相次いでいることについて、観光庁が、追加で給付金を配分し、割引額を元に戻すよう求める方針であることがわかりました。 …

金融庁が注意喚起 銀行口座からの不正出金で

金融庁は24日、電子決済サービスを通じ銀行口座から不正な出金が多発していることを踏まえ、一般利用者に対し、銀行口座に不審な取引がないか確認するよう注意喚起した。   身に覚えのない取引があった場合には、取引先銀行や決済サ …

« 1 2 3 4 6 »
PAGETOP
Copyright © 平盛社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.