記事

来年度の年金額、目減りへ 「プラス改定は確実」でも物価ほど増えず

来年度の公的年金額の改定で、3年ぶりに給付を抑制する措置(マクロ経済スライド)が実施される公算が大きくなった。物価上昇を受け、年金額は引き上げられる一方、物価上昇ほどは伸びず、実質的な価値は目減りする見通しだ。物価高騰が …

冬のボーナス、1~3%増予測 伸び率拡大、企業間格差も

民間企業の今冬の1人当たりボーナス支給額が前年冬に比べ1.2~3.1%増えるとの予測を、民間シンクタンクなど6社が公表した。新型コロナウイルス禍が和らいで業績が改善したのが要因。冬季としては2年連続でアップし、増加率は前 …

「円安倒産」急増 10月は今年最多に並ぶ 2022年累計も過去5年で最多へ

円安による輸入コスト上昇等が直接・間接の要因となって倒産した「円安倒産」は、2022年10月に7件判明し、今年最多の8月に並んだ。2022年は10月までで21件判明しており、2019年(22件)を上回り、過去5年で最多と …

PAGETOP
Copyright © 平盛社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.